メンズエステ 東京

ダンディハウスのキャンペーン!!

メンズエステ初めての方は、体験から始めよう!

行ってみて、こんな感じじゃなかったとか、自分が思っていたのと違うなんてことがあったら大変です。

ダンディハウスの体験は、各サロンで行っています。

メンズエステ

詳しくはコチラ

メンズエステでカッコよくCHANGE!

メンズエステというと一部のオシャレや流行に敏感な男性が通っているだけ、というイメージも強いのではないでしょうか。

しかし、実際にはより幅広い層の男性が利用し、施術を受けています。

まず就職活動の学生。面接や説明会の際には身だしなみをしっかり整えることが重要です。とくにヒゲの処理はしっかりしておきたいもの。担当者に少しでもいいイメージをアピールするため、事前にメンズエステで脱毛コースを受ける人が増えているのです。同じ理由で、商談に望む際に通うサラリーマンも多いようです。

それから年配の男性。メタボリックシンドロームが注目を集めるなど、ダイエットが話題になっています。ちょっと内臓脂肪が気になる、けど日ごろ運動をしている暇もないという働き盛りのサラリーマンがメンズエステの痩身コースに通う、というケースも近年増えているようです。

ほかにも40代〜50代の男性がイメージを変えようと訪れたり、長年にきびに悩まされている人がニキビ対策コースを受けにくるというケースもあります。あるいは仕事や人間関係によってもたらされるストレスを軽減するためのリラクゼーションスペースとして利用している人もいるようです。

このように、メンズエステは単に美容だけに活用するためのものではありません。健康や身だしなみなど幅広い分野で利用できる利便性があるのです。「オレには縁のない世界だな」と思っていた人もちょっとチェックしてみてはいかがでしょうか。

メンズエステで自分磨き

「女を磨く」というエステのキャッチフレーズが一時期話題になりました。最近ではさらに「男を磨く」ことが求められるようになっています。

女性たちの美容への関心の高まりは今も収まる傾向を見せず、高まる一方です。その流れの中で、女性たちの間から「男も美しくあるべき」という価値観が登場しています。

無精ヒゲや胸毛といった男性らしさを象徴する毛は「ムダ毛」として扱われ、避けられるようになっています。清潔感が重視されるようになり、無精ヒゲやニキビなどは不潔だと扱われます。男性にも美肌が求められています。もちろん、脂肪がだぶついた体は論外です。女性たちの価値観に晒される形で「男を磨く」ことが必要になっているのです。

そんな風潮の中、脚光を集めているのがメンズエステです。メンズエステでは脱毛からニキビ対策、痩身、シワやたるみの解消、さらにはメタボリック対策まで。さまざまなコースを用意しており、それぞれ最新鋭の設備と機器を導入した施術を行なっています。

今では美容のため、健康のため、幅広い層がメンズエステに通っている状況です。最近では50代〜60代のユーザーも増えているといわれています。

「男は中身」という価値観はいまや過去のもの。それを象徴するのがメンズエステの人気の高まりです。また、外見を磨けば自然と気も引き締まりますし、自分に自信を持てるもの。単に女性にアピールするだけでなく、自分自身に対する投資としてもメンズエステは役立つのではないでしょうか。

メンズエステの歴史

近年急速に知名度を高めているメンズエステ。男性も美しくあるべき、という風潮や、メタボリック症候群をはじめとした健康面への不安、あるいはストレス社会から心身を守るためのリラクゼーションスペースなど。さまざまな目的でメンズエステが活用されるようになっています。

それだけにメンズエステはごく最近に登場したというイメージもありますが、じつはメンズエステはすでに長い歴史を持っています。

メンズエステの歴史は約30年ほど前に遡るといわれています。効果的な脱毛方法やその技術を紹介する専門学校が登場したのがそのはじまりと言われています。現在よく知られているメンズエステではダンディハウスが1986年に誕生、本格的な「男性専用のエステ」が登場することになります。

とはいえ、普及するまでにずいぶんと時間がかかったのも事実。男がエステに行くという考えそのものが普及していなかったことや、「エステに通うような男は軟弱」といったイメージが男女両方にもたれていたといった原因があります。

現在のようにメンズエステが本格的に広く男性の間で利用されるようになったのはここ10年程度。ちょうど女性の美容ブーム・エステブームが起こり始めた頃と同じ時期です。

これまでは女性のエステに付随する形で存在していた感もあるメンズエステですが、いまや独自の歴史をたどろうとしています。ヒゲの処理、筋肉増強、ストレス解消など、メンズエステならではの存在価値を求める人も増えています。まだ「エステは男が通うような場所ではない」と思っている人は1度メンズエステがどのような場所か、チェックしてみてはいかがでしょうか。